ver.Shanghai な日々


by MiHO-panda

カテゴリ:新彊ウイグルの旅( 12 )

Xingjiangへ、愛を込めて

最終日は、夜明け前にトルファンへ出発。
a0101253_106326.jpg

a0101253_1064717.jpg
トルファンの宝石と呼ばれる葡萄。収穫には少し早い時期だったけどこんなに可愛らしい実を実らせていました。
a0101253_1062072.jpg
広大な葡萄畑。
a0101253_10101057.jpg
こちらの民家でランチを頂きます。
a0101253_10174862.jpg

a0101253_10181296.jpg

女5人組キャラバンで途方もない距離を駆け抜けた新疆の旅。一生に一度の貴重な体験だったと分かってはいても、やっぱり願わずにはいられない。きっと、またいつか・・・この地を再び訪れることができますように。
a0101253_1041284.jpg
a0101253_1043073.jpg
a0101253_1045464.jpg
a0101253_105881.jpg

a0101253_208326.jpg

a0101253_1054840.jpg
a0101253_106049.jpg
a0101253_1956116.jpg
a0101253_19583062.jpg

[PR]
by miho-panda | 2009-04-09 10:19 | 新彊ウイグルの旅

カシュガルという街

そこは中国と言うには余りにも文化的、思想的に違いすぎる街。ウイグル族の人々はそのほとんどが敬虔なイスラム教徒でもあり、毎日決まった時間になると男性達は街の礼拝堂へと列を成す。その間だけ閉まっている店もとても多い。
a0101253_11361453.jpg

礼拝時に足元に敷くシートを売る子供たち。
a0101253_11371228.jpg

その間、女性たちはこうして外で待っている様子。
a0101253_1141431.jpg
生活の中に宗教があるのではなく、宗教の中に生活があるということ。私達日本人の思想からはおよそ想像もつかないその文化の中にたった一日でも身を置いてみて、歴史上で「宗教戦争」というものが起こり得た環境を初めて実感できた気がしました。

a0101253_11461426.jpg

a0101253_11463126.jpg
こちらの建物の色使いってすごく好き。涼しげなミントグリーンに街路樹の緑がとても綺麗に映える。
a0101253_1148187.jpg
a0101253_11483286.jpg
すっごく美味しかった杏のシロップ。
a0101253_1151537.jpg
a0101253_11511864.jpg

こちらは職人街。
a0101253_11515913.jpg


古い街並みをお散歩してるとき子供達に「写真撮っていい~?」って聞いたら、街中からこんなにいっぱい集まってきて大騒ぎになりました。皆、本当に無邪気で元気です。
a0101253_11564299.jpg

[PR]
by miho-panda | 2009-04-05 11:59 | 新彊ウイグルの旅

食は新疆にあり。

新疆の旅は食事が最高に美味しかったことでも印象に残っています。これは主にガイドの馬媛さんの案内によるところが大きい。毎食ごとに何を食べたいか皆の意向を聞いてくれて、それに見合うようなレストランに連れてってくれました。

新疆名物と言えば何と言っても焼きたてのナン、ベーグル。
a0101253_9202167.jpg

a0101253_9204639.jpg

砂漠の真ん中のレストランで食べたラグ麺(具と麺とまぜまぜして頂きます。)と羊肉串は絶品。
a0101253_9235145.jpg

a0101253_924416.jpg
とくに新疆の羊肉はどこで食べても、上海のものとは違って全く臭みがなく、厚くてジューシー!!この串は砂漠に群生するタマリスクの木を使ってるのだそうです。

さらにもうひとつの新疆料理としてこれははずせない、ダーパンジー(大盤鶏)。とにかくでかい。直径30センチくらいのお皿で出てくるのが普通です。ぴりっとした辛さにほろほろの鶏肉とじゃがいもがよく合う。最後のシメに太いきしめんみたいなものを入れて食べるので、毎回お腹がはちきれんばかりになってました。
a0101253_9285656.jpg

a0101253_9383578.jpg

これもあちこちで食べたポロ(羊肉手抓飯)。
a0101253_9264035.jpg


個人的には羊肉のパイ系料理がとても美味しかった。
a0101253_9371725.jpg

a0101253_93739100.jpg

a0101253_9382037.jpg

こちらはパキスタン料理。やっぱりヨーグルトがメインに使われてたりします。
a0101253_9502544.jpg

カシュガルでの夜はこんな素敵なアラビアンレストランで。民族楽器の生演奏がなんとも旅の情緒を盛り上げてくれました。
a0101253_9403712.jpg

[PR]
by miho-panda | 2009-04-03 09:53 | 新彊ウイグルの旅
次の日はカシュガルからさらに西へ約200km、パミール高原にあるカラクリ湖を目指してカラコルムハイウェイをぶっとばす。
a0101253_846337.jpg

カラクリ湖は標高3600メートルに位置する湖で(世界で2番目の高さにある湖)、そこに行くまでの景色もまた壮観。万年雪を抱いた標高5000メートル級の山々が周りにそびえ立ち、パミール高原が世界の屋根と言われるゆえんがよく分かります。
a0101253_17525334.jpg

また、このあたりはタジキスタンやアフガニスタン、パキスタンとの国境近くでもあるので、途中の検問所で厳しいパスポートチェックがあるのです。この旅の数ヵ月後にはウイグル独立派による国境警備隊襲撃事件が発生したりして、今から考えるとちょっと物騒な場所でした。
a0101253_184243.jpg


途中休憩で立ち寄ったブロンクリ湖。
a0101253_1811167.jpg

実は目的地であるカラクリ湖よりもここの景色の方が圧倒的に美しかった。
a0101253_1814439.jpg

白い柔らかみを帯びたその山肌は飛来した砂が少しずつ積もり積もってこういう色になったものらしいけど、それにしても美しすぎてこの風景が現実のものであるという実感がない。(※click!)
a0101253_18345256.jpg
まるで目の前に巨大な絵画が立ちはだかっているような・・・そんな奇妙な感覚すら覚えました。

そしてやっとカラクリ湖に到着。湖の向こう側にそびえ立つのは標高7546メートル(!!)のムズターク・アタ峰。もう高すぎて何がなにやら。
a0101253_1836713.jpg

a0101253_18242652.jpg

ラクダは観光用。こんなとこでも物売りが多いのにはちょっと辟易。
a0101253_18252690.jpg
a0101253_18264946.jpg


帰り道には、途中のキルギス族の民家におじゃましました。
a0101253_1845954.jpg

a0101253_8581383.jpg

こんな雪山の狭間で日々の暮らしを営んでいる人たちが存在するということ。自分にはおよそ想像もつかないその生活の中で、この子は何を思いながら成長していくんだろう。
a0101253_1846925.jpg

この中国ではおなじみ「お尻ぱっかーん服」の文化も、アジアのどのへんまで続くのか気になるところです。
a0101253_18461225.jpg

[PR]
by miho-panda | 2009-04-02 18:02 | 新彊ウイグルの旅

a0101253_23513154.jpg

砂漠ではマスク+スカーフ+帽子+サングラスで怪しいほどの完全防備。砂嵐のためです。
a0101253_23515320.jpg
a0101253_2352863.jpg

遠くに見える緑の一直線の道が砂漠公路。
a0101253_23522576.jpg

次の日からは砂漠公路を更に南下し、そこから西域街道を抜け「玉」で有名な街、ホータンへ向かう。
a0101253_003077.jpg
a0101253_01394.jpg
とにかく毎日、こんな地平線を見ながらの移動だった。
a0101253_012599.jpg
途中で立ち寄ったイエチェンの街。ここの市場でウイグル族の真似してスカーフを買ったり v
a0101253_02127.jpg
銀ナイフで有名なインギザールの辺りでは、またもやすごい砂嵐に。
a0101253_02308.jpg


ホータンの夜。
a0101253_091648.jpg
地元の人たちで賑わう夜市。ここで食べたメイプルシロップヨーグルトが絶品!!

そういえば、新疆の隠れた名物はヨーグルトだと思います。どこに行っても作りたて出来立てのヨーグルトが食べられて、砂糖なしの自然な酸っぱさが最高に美味しい!!!ほぼ毎食ごとにデザートとして注文してました。
a0101253_0102348.jpg
これはどこかの朝食で食べたもの。間違えて「大」を注文したら、顔の大きさぐらいあるやつが出てきて大変。。。

そしてついに、今回の旅の最終目的地でもあり中国最西の都市でもある喀什(カシュガル)へ。ここは古来シルクロードの時代から交易都市として栄え、文明の十字路、または民族の十字路と呼ばれてきた街。また「不到喀什、就不算到新疆。」(カシュガルに来なければ新疆に来たことにはならない。)という言葉もあるほど、敬虔なイスラム教徒が多いウイグル族の街、新疆の首都のような場所です。
a0101253_0142530.jpg
a0101253_0144148.jpg

[PR]
by miho-panda | 2009-02-13 00:17 | 新彊ウイグルの旅
a0101253_2256573.jpg

どれほど経った頃だろう。砂山の稜線から少し離れた場所に、少しずつちらちらと小さな光たちが輝き始めた。

星、見えてきた!すごいすごい!!皆で口々に言い合いながら首が抜けそうなほどその空を仰ぎ見る。それはまたひとつ夢が叶った瞬間だった。

時間が経てば経つほどその光の数は増していって、だからそのままテントに入って眠るなんてとてもじゃないけど勿体無くてできなくて、いつまでも皆それぞれの場所で砂の上に寝っころがって星を見ていた。あの時何を考えていたんだろう。少なくとも私は、何かを考えていたと言うよりもただあの時を感じていただけのような気がする。

砂山の頂上に上ってみると空がもっと近くなった。そしてぐるりと周りを見回して、果てしない、という言葉の意味を知る。そこにあるのは砂と空だけの限りなく静謐な世界。そして私達というちっぽけな生命体。ただ地球で生きてるんだなぁと思った。

そう。無限に広がる死の砂漠と対峙して感じたのは、その恐ろしいイメージとは全く正反対の、なぜか安らぎともいえる感情だった。

a0101253_22571843.jpg

[PR]
by miho-panda | 2009-02-12 23:05 | 新彊ウイグルの旅
a0101253_02114.jpgだいたいアウトドアとはほど遠い生活を送ってきた私である。生まれてこの方、自分でテントを張ったこともなければ寝袋で寝たこともない。
他のメンバーも皆例外ではなかったらしく、女5人の人生初めてのテント設営が砂漠のど真ん中で、という若干意味不明な状況。ただ一人だけ手馴れている馬媛さんが先頭切ってあれこれリードしてくれながら、汗まみれ砂まみれで全員分のテントを張っていった。

だけど砂嵐はまだ完全に収まっていない。たまに吹き付ける砂混じりの強風で、せっかく苦労して杭を打った部分があっけなく吹き飛ばされてしまったりする。だんだんと皆の顔に疲労の色が滲み始めた。会話もほとんどなくただ黙々と作業をするだけ。
そんな中、一人がぼそっと呟いた言葉が今でも忘れらない。「私達こんな思いまでして砂漠に泊まろうとしてるんだね・・・。」後になってそれが最高の笑い話になるのだけど。

日没がやってきた。全てがその闇と砂にゆっくりと呑み込まれてしまいそうな砂漠の夜。日中あれほど吹き荒れていた砂嵐はいつしかぴたりと止んでいた。だけど見上げた空にまだ星は見えない。

そしてテントの横で皆で輪になって座った。紙コップのシャンパンで乾杯しながら、誰かが気を利かせて持ってきてくれた小さなキャンドルに火を灯す。ここでの唯一の光。遥か太古の旅人たちもまた同じようにこうして星を待っていたんだろうか。

馬媛さんが南新疆に伝わる民謡を静かに歌い始めた。それはタクラマカンの風にさらさらと溶けゆくように心地よい。
[PR]
by miho-panda | 2009-02-12 00:03 | 新彊ウイグルの旅
クチャへ向かう寝台列車で一夜明けたその朝方、ガイドの馬媛さんが窓の外をぼんやりと眺めながらこう呟いたのを覚えている。「・・・砂嵐が来てる。ちょっとやばいかもね。」

そもそも私達が新疆へ行ったのは4月下旬ごろ。この時期は新疆一帯が砂嵐に見舞われることも多いらしく、一度それがやって来たら大抵2~3日は視界が悪い日が続くとの事。もちろん星は見えないし、砂漠でキャンプなんてもってのほか。

どうかお願いだから、晴れてくれますように・・・と祈りながら次の日にタクラマカン砂漠へ向けて出発。だけど私達が恐れていた通り、砂嵐は続いていた。視界は決して良いとは言えない。バスはついに砂漠の真ん中を南北600Kmに貫く砂漠公路へと入る。しばらくはタマリスクの群生するゴビ砂漠がずーっと続くのだけど、そのうち目の前に大きな砂丘が広がりはじめ、いつしか広大なタクラマカン砂漠へと姿を変えていった。

その間にも無情なまでに砂嵐はひどくなるばかり。一時期は周りがほとんど見えなくなるほどの視界の悪さで、馬媛さんも「ちょっと塔中(砂漠の真ん中にある小さな町)にあるホテルに泊まれるか問い合わせてみましょうか。」と言い出した。ここまで来てホテル泊・・・私達5人の間に暗いムードが漂う。
結局、もう少し目的地に近づいてから判断しようということになり、私達はただすがるような気持ちで窓の外を見続けていた。

それからまた2時間ほど経過した頃。うとうとしていた眠りから醒めて何気なく窓の外を見ると、さっきよりもだいぶ砂嵐が落ち着いてきたように見えた。時刻はすでに夕方近い。まだまだ完璧とは言えない天候状況を見ながら一体どうなるんだろう、と思っていたら・・・馬媛さんが言った。

「大丈夫、今夜は砂漠に泊まりましょう。」

a0101253_2015880.jpg

(タクラマカンの砂嵐)
[PR]
by miho-panda | 2009-02-11 19:31 | 新彊ウイグルの旅
旅行初日。ウルムチ空港で私たちを待っていてくれたのは現地ガイドの馬媛さん。(ma-yuan、私たちはマエンさん、と呼んでいた)。回族のとてもキュート、かつ大らかで素敵な女性。今回彼女に助けられたことは数知れず、で本当にお世話になりまくりでした。
a0101253_014386.jpg
まずはウルムチにて、桜蘭美女ミイラの眠る博物館や地元の人たちで賑わうバザールへ。街はすでにウイグル族の熱気とウイグル語に溢れていて、全く中国にいるという感じがしません。中国語通じるのが不思議なくらい。
a0101253_0143162.jpg

a0101253_0144845.jpg
この日の夜からさっそく南疆鉄道の寝台列車に乗り込み、次の目的地クチャへ向かう。

列車に揺られながらふと真夜中に目が覚めて頭上の窓を見上げると、すぐそこに北斗七星が輝いていた。こんなに綺麗な北斗七星を見るのは何年ぶりだろう。少し手を伸ばせば届きそうなほど。ああ、新疆に来たんだなぁと幸せな気持ちになってまた眠りにつく。そして朝の6時半頃(≒新疆時間4時半頃)再び、のそのそ起き出してみると、まだ蒼い空にはひんやりとした月が浮かんでいた。
a0101253_0152085.jpg
みんなで窓に張り付くようにしてただその光景にうっとりと見入る。長い長い列車は荒涼とした山間の大地を行く。
[PR]
by miho-panda | 2008-05-03 00:00 | 新彊ウイグルの旅

ウイグル族の笑顔

今回の旅で何より印象に残ったのはウイグル人の礼儀正しさ、大らかさ、そしてその笑顔。旅の途中で知り合っていきなり「ちょっと家を見せて」ってお願いしても、みな快く、いいわよどうぞーと招き入れてくれるのです。
a0101253_23434383.jpg

a0101253_23442683.jpg
a0101253_2344496.jpg

a0101253_23521779.jpg
ところどころで彼らを何気なく観察していると、ご飯を食べる前にテーブル上の食器を拭き直したりお茶で軽く洗ったり、スーパーでは店員さんがビール瓶を一本一本拭いてから陳列していたり、レストラン内で料理を持った店員さんとすれ違えばさっと道を譲ったり・・・。何も特別じゃない当たり前のことかもしれないけど、普段中国の他の地域で色んなものを見慣れてしまっている私たちには逆に衝撃だった。
a0101253_23452962.jpg

a0101253_23455012.jpg

a0101253_23463884.jpg
とある屋台で食べた日は、私たちが食べ終わって席を離れたあとに物乞いのおじさんがやってきて、てっきりそのまま追い払われてしまうんだろうと思っていたら、店主は私たちの食べ残しを一つにまとめ、物乞いのおじさんをテーブルに座らせて食べさせていた。こんな光景はいまだかつて中国でも日本でも見たことがない。

そして道ゆく彼らに突然ぶしつけにカメラを向けても、怒るどころか恥ずかしそうに笑ってポーズを撮ってくれる。
注文を取りに来れば「ニホンジン?日本語ではこの言葉はなんていうの?」と嬉しそうに話しかけてきて、子供たちはと言えば無邪気に「撮って、撮って!!」と集まってきてはその画像を見てみんなで大騒ぎ、である。
女性たちは皆ため息が出るほどファッショナブルなスカーフ使いで独特のスタイルの服を着こなし、男の人たちはバリっとドッパ(四角または六角の帽子)をかぶり街を闊歩する。
そんな光景の連続で、私はいつしかこのウイグル人という人たちをとてもとても好きになっていた。
a0101253_23481619.jpg

a0101253_23484288.jpg

a0101253_2349538.jpg
ここには少なくとも上海人たちが言うところの「外地人」のような影はみじんもない。それどころか彼らは他人と自分とを比較することで生まれるそんなちっぽけなプライドではなく、自分が自分であることをただ肯定するウイグル人のプライドみたいなものを持っているような気がした。自分に自信があるから他人にも優しく大らかになれる。そんなパワーにこの地は満ち溢れている。
a0101253_2349699.jpg


■limei、さばくーーーーほんとすごいね。そりゃフォーリンラブするわ。笑 カメラのことはかんたろうからも言い聞かされていたので、当日は応急処置でサランラップ巻いたりしてたよ。砂の海、気持ちよかった。
[PR]
by miho-panda | 2008-05-02 23:41 | 新彊ウイグルの旅